認知症予防、健康寿命増進 高齢者へ読み聞かせ開始―下田図書館

下田版 2017年07月06日

 下田市立図書館は5日、大賀茂公会堂で地元の高齢者を対象に読み聞かせなどをする「ミニミニ出張お話会」を始めた。認知症予防や健康寿命の増進なども含めて、高齢化が進む現状に対応したサービスを実施しようと初めて企画した。12月まで計4回、同地区の高齢者が集まる「大賀茂ほたる便健康教室」の中で行い、参加者の反応が良ければ地域、期間を拡大することも検討する。

 初回は図書係長の鈴木美鈴さんと図書館司書の渡井藍美さんが担当し、地元の読み聞かせボランティア・富田利子さんも協力した。

 約20人の参加者は、「もったいないばあさん」の読み聞かせでは大きな笑い声を上げ、言葉遊びでは谷川俊太郎さんの詩「かっぱ」を鈴木さんたちに続いて元気よく復唱するなどして楽しんだ。外岡美代子さん(80)は「子どもの頃を思い出した。読み聞かせはこの年になっても楽しい」とほほ笑んだ。

 鈴木さんは、絵本の読み聞かせや言葉遊びが認知症予防に効果があると力説し「高齢者に元気になって活躍してもらうとともに、絵本の素晴らしさも思い出してもらえるとうれしい」と話した。

 【写説】読み聞かせを楽しむ高齢者ら=下田市の大賀茂公会堂

各地の最新の写真
伊東
きょう土用の丑 伊東市内専門店フル稼働
下田
仁科の真イカ料理に舌鼓 初バルに16店―西伊豆
中伊豆
高温、少雨で品質上々 田中山スイカ目ぞろえ会―JA伊豆の国
熱海
初の通知表に笑顔  熱海市内小中で終業式

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)