パン、チョコで溶岩再現 西伊豆自然と親しむ会が本年度活動開始

下田版 2017年05月14日

富士山に見立てた菓子パンとチョコレートで溶岩の流れを再現した実験を見学する子どもたち=西伊豆町保健センター
富士山に見立てた菓子パンとチョコレートで溶岩の流れを再現した実験を見学する子どもたち=西伊豆町保健センター

 西伊豆の自然と親しむ会(渡辺美千世代表)の本年度の活動が13日、同町でスタートした。子どもから大人まで年間7回の体験を通じて古里の山や川、海などで生き物の観察や自然学習に取り組む。

 15年目を迎えた活動で、身近な自然の素晴らしさを体感してもらうのが目的。松崎、西伊豆両町の幼児から70代の56人が参加。「つりざおを作って魚釣りをしよう」(6月)、「手長エビや魚をつかまえてみよう」(9月)など、年末まで毎月1回のペースで体験会を開く。夏には富士山ハイクも行う。

 第1回は西伊豆町の浮島海岸で潮だまりの生き物観察を予定していたが、雨天のため屋内で「おいしい火山の実験」を行った。円すい形の菓子パンを富士山と周辺の山々に見立てて平皿の上に並べ、熱して溶かしたチョコレートで溶岩が流れる状況を再現。子どもたちはチョコがゆっくりと流れ、やがて波打つように冷え固まる様子を興味深そうに眺めた。

 専門知識を持った会のメンバーが毎回講師を務める。渡辺代表は「年齢を問わず、仲間と一緒に自然体験する楽しさを味わってほしい。随時参加も受け付ける」と話している。

 問い合わせは渡辺代表〈携帯090(1268)6926〉へ。

 【写説】富士山に見立てた菓子パンとチョコレートで溶岩の流れを再現した実験を見学する子どもたち=西伊豆町保健センター

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「伊東湯のまちバル」 3枚つづり券初販売
下田
西伊豆仁科、テングサ漁が解禁
中伊豆
「今後の中学在り方は」 伊豆市議会報告会、3テーマで意見交換
熱海
陥没や側溝13カ所確認 網代連合町内会、市道改修を要望―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)