生ワサビ活用レシピ考えて 河津商工会と「泣かせ隊」 

下田版 2017年05月14日

河津町商工会などが生ワサビを使ったオリジナルレシピを募集している
河津町商工会などが生ワサビを使ったオリジナルレシピを募集している

 ■6月に「W−1グランプリ」 新たなグルメ開発目指す

 河津町商工会と内部組織「河津わさびで泣かせ隊」は22日まで、生ワサビを使ったオリジナルレシピを募集している。特産品を活用し地域活性化を図ろうと、6月に「W−1グランプリwasabiグルメコンテスト」を行う。

 地元で愛されている「わさび丼」に続く新しいグルメの開発を目指す。

 応募資格はプロ、アマチュアを問わず、6月7日の実演審査(書類審査通過者)と同18日の表彰式(実演審査通過者2人)に出席できる人。グランプリ1人に5万円、泣かせ隊賞1人に3万円の賞金を贈る。

 レシピは▽河津産ワサビを使用▽1時間以内に完成▽4人前で材料費2千円以内―が条件。応募用紙は町商工会ホームページからダウンロードできる。郵送は22日消印まで有効。

 表彰式は、県山葵(わさび)組合連合会制定の「わさびの日」当日に合わせた。

 詳しくは町商工会〈電0558(34)0821〉へ。

 【写説】河津町商工会などが生ワサビを使ったオリジナルレシピを募集している

各地の最新の写真
伊東
県議補選 中田氏後援会が事務所開き「伊豆の中心、もっと前に」
下田
ドローン操縦楽しむ 河津愛好グループが初、小学生対象に体験会
中伊豆
“滞在中の梶井”語る 30人思いはせる―伊豆・湯ケ島檸檬忌
熱海
卵焼き作り体験人気 熱海小山公園で親子イベント

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)