海の安全運動 本格開始 下田海保など客船に横断幕

下田版 2017年04月21日

啓発用の横断幕をフェリーに取り付ける関係者=下田市三丁目の神新汽船下田営業所前
啓発用の横断幕をフェリーに取り付ける関係者=下田市三丁目の神新汽船下田営業所前

 下田海上保安部管区の伊豆半島で海難事故防止を目指す「海の安全運動」が20日、本格的に始まった。5月7日の大型連休最終日まで、海事関係者で構成する「下田地区海の安全運動推進連絡会議」と同海保が啓発活動を展開。合同海上パトロールや観光船内での注意喚起の放送などを実施する。

 下田市三丁目の神新汽船下田営業所前で20日に開始セレモニーが行われ、関係者約10人が出席した。同海保の斎藤豊次長が大野茂樹所長に「海の安全運動実施中」と書かれた横断幕を手渡した後、出席者が同社のフェリー・あぜりあ(485トン、定員240人)の上部デッキに取り付けた。放送用の原稿も同時に委託され、ライフジャケットの着用や事件事故が発生した際は118番に連絡するよう呼び掛ける船内放送が始まった。

 同海保の山本充交通課長は「昨年は5月の大型連休中に死亡事故が発生してしまったが、今年は事故ゼロを目指したい」と話した。

 海の安全運動は7月1日~8月31日の夏季シーズンにも行う。

 【写説】啓発用の横断幕をフェリーに取り付ける関係者=下田市三丁目の神新汽船下田営業所前

各地の最新の写真
伊東
ヤギで“エコ除草” 伊東サザンクロス、ゴルフコース周辺で試行
下田
藤辺君(高3)陸上100メートル東海2位 東伊豆TFC出身
中伊豆
日本勤労協、伊豆の国で全国総会 宇津井新会長を選出
熱海
薬物の恐ろしさ訴え 街頭でキャンペーン―県熱海健福センター

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)