アシや流木、大量に漂着 柿崎漁港、船主会会員ら撤去

下田版 2017年04月20日

大量の漂流物と撤去作業を行う柿崎船主会のメンバー=下田市柿崎
大量の漂流物と撤去作業を行う柿崎船主会のメンバー=下田市柿崎

 17日夜から18日早朝にかけての大雨で、下田市の柿崎漁港にアシや流木などが大量に流れ着き、柿崎船主会の会員たちが19日朝から撤去作業に追われた。土屋博之会長は「台風が来た時も漂着物は多いが、ここまでひどい状況はここ数年なかった」と話した。

 同漁港は、雨天の翌日になると毎回のように川や海上の漂流物が集まる。船のスクリューが巻き込むと故障する恐れがあるため、毎月第1日曜日と雨天翌日に、会員たちが地域の子どもたちや老人会の協力を得ながら環境美化活動と称して無償で撤去していた。今回は約20人が集まり、軽トラック10台分以上を拾い集めた。会員だけでは限界があるため、20日以降は県下田土木事務所の手配した業者が作業に協力する。

 ■大雨の度に作業「市、県の協力を」

 会員の一人は「今回は災害時と同等の被害ということで、行政が全面的に協力してくれて助かった」と安心した表情を浮かべたが「活動時は仕事を休む必要があり、メンバーの高齢化も進んでいる。今後は被害の規模にかかわらず、拾い集める作業も含めて市や県に定期的に協力してほしい」と語った。

 【写説】大量の漂流物と撤去作業を行う柿崎船主会のメンバー=下田市柿崎

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「伊東湯のまちバル」 3枚つづり券初販売
下田
西伊豆仁科、テングサ漁が解禁
中伊豆
「今後の中学在り方は」 伊豆市議会報告会、3テーマで意見交換
熱海
陥没や側溝13カ所確認 網代連合町内会、市道改修を要望―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)