河津町複合施設、議員に説明 町長「14億円台へ努力」

下田版 2017年04月14日

複合施設の町議説明会で話す相馬町長(右から2人目)=河津町役場
複合施設の町議説明会で話す相馬町長(右から2人目)=河津町役場

 ■実施設計ベース、工事費を初明示 議員「住民へきっちり説明を」

 河津町は13日、複合施設整備計画案の町議を対象にした説明会を町役場で開いた。相馬宏行町長は、実施設計提出を受けた概算として「工事費は約15億2千万円となったが、さらに精査を重ねて14億円台をめどに努力する」と述べた。町議からは主に費用に関する質問があり「住民説明会で変更点や経過をきっちり知らしめてほしい」と強く要望した。

 町は、基本設計から算出した当初の想定は約14億5800万円だったが、建物基礎の強度確保工事と物価上昇分から増額となった。施設概要に変更はない。整備費用は備品などを含め約16億円で、財源は積み立てた基金6億円のほか国・県補助金約3500万円、地方債の借り入れなどを予定する―と説明した。

 町議からの「以前出た16億7千万円から減っている」との質問には「実施設計の途中段階で出た算定上の額。何が減ったということではなく、品質を確保しながら精査した結果」と答えた。

 また住民説明会の前に、議事録に残る形で町議に再度説明する機会を設けるよう調整することで合意した。

 複合施設は子育て支援施設と文化ホール、防災機能を兼ね備える。鉄骨3階建て延べ床面積約2670平方メートルで秋ごろ着工、2019年3月の完成を予定している。住民説明会は、26、28日と5月1日に町内4会場で開かれる。問い合わせは町まちづくり推進課〈電0558(34)1924〉へ。

 【写説】複合施設の町議説明会で話す相馬町長(右から2人目)=河津町役場

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「伊東湯のまちバル」 3枚つづり券初販売
下田
西伊豆仁科、テングサ漁が解禁
中伊豆
「今後の中学在り方は」 伊豆市議会報告会、3テーマで意見交換
熱海
陥没や側溝13カ所確認 網代連合町内会、市道改修を要望―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)