絶景ジオサイト、魅力再認識 西伊豆観光協が会員研修会

下田版 2017年03月17日

鈴木理事長(中央)の説明を聞きながら地元のジオサイトの魅力について学ぶ参加者たち=西伊豆町の浮島海岸
鈴木理事長(中央)の説明を聞きながら地元のジオサイトの魅力について学ぶ参加者たち=西伊豆町の浮島海岸

 西伊豆町観光協会は14日、会員を対象にしたジオパーク研修会を町内で開催した。奇岩が織りなすダイナミックな景観で知られる浮島海岸から、絶景ポイントの多い燈明ケ崎遊歩道コース(約3・2キロ)を参加者が歩き、西伊豆エリアならではの素晴らしい魅力スポットを再認識した。

 普段自分たちが働く地元のジオサイトについて、電話や窓口応対がよりスムーズにできるよう実地研修してもらう目的。宿泊施設や飲食店などから会員18人が参加、NPO法人伊豆自然学校の鈴木達志理事長が案内した。

 鈴木さんは、かつての火山活動による壮観な岩肌の成り立ちや、高台の遊歩道沿いからのお薦めビュースポットなどを分かりやすく紹介。参加者らはそれぞれ関心を持った場所で立ち止まり、美しい景観を写真に撮った。

 研修会は毎年開催しているが、今回のコースは初。同協会は「体験を機に、実際に目で見て、肌で感じ取ったそのままの素晴らしいジオサイトの魅力を伝えることで、今後のお客への対応に生かしてほしい」と話した。

 【写説】鈴木理事長(中央)の説明を聞きながら地元のジオサイトの魅力について学ぶ参加者たち=西伊豆町の浮島海岸

各地の最新の写真
伊東
20周年記念誌が完成 伊東国際交流協、市に52冊寄贈
下田
稲取中バレー部、初めて男女とも県大会へ 女子は40年ぶり
中伊豆
森林整備の大切さ再確認 伊豆で間伐体験
熱海
風評被害の払拭など 熱海で正副会長ら会議―温泉都市議長協

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)