保護者ら喜びの声 公立高合格発表、受験生は朗報待つ―賀茂地区

下田版 2017年03月16日

合格者番号を指さしたり、カメラに収めたりする保護者ら=下田市の下田高
合格者番号を指さしたり、カメラに収めたりする保護者ら=下田市の下田高

 県内公立高校は15日、2017年度入学者選抜の合格者を発表した。全日制93校(分校を1校とする)は募集定員2万1471人に対し2万3010人が受験、2万1288人が合格した。実質倍率は1・08倍(前年度比0・01ポイント減)だった。

 定時制18校は募集定員720人で352人が受験、324人が合格。実質倍率は1・09倍(0・02ポイント減)。単位制3校は576人の募集に554人が受験し、542人が合格。倍率は1・02倍(増減なし)だった。

 賀茂地区の受験生は、各中学校で担任からの朗報を待った。下田高では正午に合格者番号が張り出されると、待機していた保護者や塾関係者などから「あった!あった!」と喜びの声が上がった。さっそく受験番号をカメラに収めたり、携帯で家族に連絡する姿が見られた。普通科で184人(受験者184人)、理数科で37人(同39人)、定時制で6人(同6人)が合格した。

 下田高南伊豆分校園芸科は23人(同25人)、松崎高普通科は101人(同102人)、稲取高普通科は105人(同105人)が合格した。

 【写説】合格者番号を指さしたりカメラに収めたりする保護者ら=下田市の下田高

各地の最新の写真
伊東
振り込め撲滅へ40人 伊東署、各区推薦の指導員委嘱
下田
カツオ100本さばき提供 岩地温泉大漁まつりにぎわう―松崎
中伊豆
「家族のように接した」 井上靖ふるさと会が座談会―湯ケ島
熱海
釣り愛好者が清掃活動 海岸の環境保全に貢献―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)