8日に三島ホタルまつり 楽寿園を無料開放し踊りや合唱

伊豆日日版 2019年06月04日

「三島ホタルまつり」をPRするポスター=三島市役所
「三島ホタルまつり」をPRするポスター=三島市役所

 ■「リメンバー六反田」も

 「三島ホタルまつり」(実行委員会など主催)が1日に続き8日午後1時から、市立公園楽寿園を主会場に開かれる。同日午後5時半からは、広小路笑栄会主催の「リメンバー六反田」も開催し、通りを歩行者天国にして多彩なイベントを企画。主催者は「新幹線 降りて5分で出逢えるホタル」をキャッチフレーズに、来場を呼び掛けている。

 同日楽寿園は無料開放となり、ホタルまつりでは舞台でダンスや子どもたちの合唱・コーラス、猫おどりパフォーマンスなどを繰り広げる。園内でホタルの放流も計画している。笑栄会の企画にはワゴンセールや金魚すくいなども盛り込んだ。

 今年は回遊性を高めるため、楽寿園の駅前口だけでなく正門も終日開放する。担当者は「駅を降りてすぐに観賞できる、恒例のホタルイベント。ぜひ足を運び、楽しんでもらいたい」とPRする。

 【写説】「三島ホタルまつり」をPRするポスター=三島市役所

各地の最新の写真
伊東
台風被害のジャカランダ 「無事に花咲く」―伊東の作庭稲葉園
下田
特養に地域交流カフェ エクレシア南伊豆が定期開設
中伊豆
「鉢窪山」ジオ看板を除幕 登山道入り口に天城湯ケ島LC―伊豆
熱海
防災メルマガに登録を 新潟地震受け呼び掛け―熱海市

最新写真特集