復興支援へ三島でヒマワリ苗作り 田方農業高

伊豆日日版 2019年06月03日

東日本大震災被災地に送るヒマワリの苗作りを行う参加者(手前右)=三島市中央町のみしま未来研究所
東日本大震災被災地に送るヒマワリの苗作りを行う参加者(手前右)=三島市中央町のみしま未来研究所

 田方農業高は2日、三島市中央町のみしま未来研究所で、東日本大震災被災地の宮城県名取市・閖上地区に送る「ヒマワリの苗作り」を来場者と一緒に取り組んだ。

 同校は甚大な津波被害があった閖上地区にヒマワリ畑を作る東北復興支援活動「ひまわりプロジェクト」(本部事務局・東京都港区)に2016年年度から取り組んでいる。今回は校外に出て、地域の人たちと一緒に支援活動を行おうと初めて企画。同校ライフデザイン科セラピーコースの有志が実施した。

 この日は100ポットを用意。来場者一人一人に声を掛け、苗作りの協力を求めた。

 参加者は生徒たちから土や種の入れ方などのアドバイスを受けながら苗作りを行い、最後に「きれいに咲きますように」など、被災地へのメッセージを木の札に書いて完成させた。

 【写説】東日本大震災被災地に送るヒマワリの苗作りを行う参加者(手前右)=三島市中央町のみしま未来研究所

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集