長岡で「あやめ座」開幕 芸妓衆、華麗に舞う、多彩な演目

伊豆日日版 2019年05月19日

あでやかな舞を披露する芸妓たち=伊豆の国市のアクシスかつらぎ
あでやかな舞を披露する芸妓たち=伊豆の国市のアクシスかつらぎ

 ■古典や歌謡曲、洋楽など

 伊豆長岡温泉の芸妓(げいぎ)たちによる舞踊公演「伊豆あやめ座−華の宴−」が18日、伊豆の国市のアクシスかつらぎで開幕した。三味線や長唄などに合わせて芸妓たちが華麗な踊りを披露し、詰め掛けた観衆を魅了した。19日まで。

 伝統の芸妓文化を広めようと3回目。今回は静岡デスティネーションキャンペーン(DC)の一環として開催した。2部構成で古典をはじめ、歌謡曲や洋楽などを盛り込んだ多彩な演目を繰り広げた。

 「島の千歳」や「八千代獅子」「春の調べ」「源氏武士」などを時には優雅に、時には勇ましく踊った。芸妓たちが三味線演奏を披露する場面もあり、来場者を楽しませた。田京の女性(27)は「指先まで動きが整っていて美しかった」と目を輝かせた。

 ロビーでは、まんじゅうに芸妓の刻印が入った芸妓衆イラストパッケージの温泉まんじゅうや手ぬぐい、手鏡などオリジナル限定グッズの販売も行った。

 初日最初の公演を終えた実行委員長の九美さんは「見えないところでハプニングがあったが無事に終えることができた。芸妓衆の久しぶりの舞台なのでたくさんの人に来てもらいたい」と話す。

 19日は午前11時45分から、午後2時45分からの2回開く。当日券もある。問い合わせは市観光協会〈電055(948)0304〉へ。

 【写説】あでやかな舞を披露する芸妓たち=伊豆の国市のアクシスかつらぎ

各地の最新の写真
伊東
城ケ崎海岸エリア マルシェで盛り上げ―伊東
下田
無人売店「100円農村」人気 「あじさい祭」で下田市観光協会
中伊豆
「両手で掘ってね」 園児招きジャガイモ収穫―田方農業高
熱海
来宮神社例大祭責任当番町の咲見町祭典委、市長に支援要請―熱海 

最新写真特集