三島市議選・函南町議選振り返って 首長・県議選の影響色濃く 

伊豆日日版 2019年04月23日

三島市議選では国政政党の代表が応援演説入りするひと幕も=14日、JR三島駅南口
三島市議選では国政政党の代表が応援演説入りするひと幕も=14日、JR三島駅南口
今井委員長(手前)から届け出順に当選証書を受け取る当選者たち=三島市役所
今井委員長(手前)から届け出順に当選証書を受け取る当選者たち=三島市役所
青木委員長から当選証書を受け取るトップ当選を果たした土屋学氏(右)=函南町役場
青木委員長から当選証書を受け取るトップ当選を果たした土屋学氏(右)=函南町役場

 ■混戦の中、結果に明暗 トップ3500票、下位1000票に届かず―三島市

 定数22に対して4オーバーの26人が立候補した三島市議選は、現・新・元職らが入り乱れ熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げた。現職18人のうち、4~5期務めたベテラン議員ら2氏が苦杯をなめ、6人が出馬した新人ではトップが3500票近い信任を得た一方で、下位の2人は千票の大台に乗せることができず、明暗が分かれた。

 現職の豊岡武士市長らと昨年12月に市長選を戦い、約1万票を獲得した新人・石井真人氏(40)がトップ当選。2位当選の古長谷稔氏(47)からさらに千票近くを上積みし、強さが際立った。その一方で、上位に食い込んだ候補者や得票の流れを読み解くと、この市議選でも市長選から続く影響が随所で見え隠れし、結果に反映された格好となったようだ。

 世代や性別、訴える政策など比較的幅広い顔ぶれが立候補した一方で、終始、選挙ムードは低調。ふたを開けてみれば投票率は前回選よりも約3ポイント低い、過去最低の46・83%だった。

 ■国政選挙見据え党代表入り 

 統一地方選後半戦の三島市議選では、告示日となった14日に政党の代表が県内入りし、JR三島駅前で同市議選の候補者を応援するひと幕もあった。

 次期衆院選の静岡5区について、立憲民主党の枝野幸男代表は地元の細野豪志、吉川赳両衆院議員の現状に触れた上で「野党第1党の責任として、自民党系の2人の候補に勝てるような候補者を擁立したい、と考えている」と明らかにした。

 その上で「国民民主党の渡辺周さんとも、相談していかなければならない」と語った。

 枝野氏は街頭演説の後で、記者団への質問に答えた。

 ■しのぎ削り5人初当選 投票率は過去最低45・44%―函南町

 16議席を現職と元職、新人ら18人で争った函南町議選は、現職9人が再選、元職2人が返り咲きを果たし、新人5人が初当選した。

 昨春の県議補選(欠員1)で7千票超を獲得した、元職の土屋学氏(52)が1614票でトップ当選。公明の馬籠正明氏(67)が1312票で続き、安定した強さを発揮した。

 一方、今回選では、50~70代の新人6人が乱立。組織力や地盤で勝る現職や元職らと、しのぎを削る激戦を繰り広げたが、結果的には1人を除き初当選を果たした。

 投票率は45・44%(対前回選比4・1ポイント減)で、4年前の過去最低を下回った。

 全体的に盛り上がりに欠ける選挙だったが、共産党の現職を除き、女性候補者がいなかったのも政治離れを印象づける一因だった。

 ■22人に当選証書 三島市議選

 任期満了に伴う三島市議選の当選証書付与式が22日、市役所で開かれた。現職16、元職2、新人4の新議員22人が出席し、今井紀三男・市選挙管理委員長から証書を受け取った。

 あいさつで今井委員長は「投票率は残念ながら50%には届かなかった。市政を取り巻く状況は人口減少問題をはじめ少子高齢化への対応、新たな雇用創出、災害対策など多くの課題が山積している。来月からは令和と改元されるが、皆さんには文字通り令和な社会の実現に向けて尽力してほしい」と期待した。

 2500票超を獲得して2位当選した元職の古長谷稔氏(47)は「ここであらためて再スタート。市民の声を届ける役目を、しっかりと果たしていきたい」と抱負を語った。

 任期は5月1日から4年間。

 ■16人に証書付与―函南町議選

 任期満了に伴う函南町議選の当選証書付与式が22日、同町役場で開かれた。当選した現職9人、元職2人、新人5人の新議員16人が出席。青木日出男選挙管理委員長から証書を受け取った。

 青木委員長は「全ての町民のために尽力されることを強く望んでいる」と述べ、「再選された皆さんはこれまで築いた町政にさらに磨きをかけて飛躍を、初当選された皆さんには、令和という新しい時代に、活気ある行動で函南町発展のために活躍していただきたい」と呼び掛けた。任期は30日から4年間。

 【写説】三島市議選では国政政党の代表が応援演説入りするひと幕も=14日、JR三島駅南口

 【写説】今井委員長(手前)から届け出順に当選証書を受け取る当選者たち=三島市役所

 【写説】青木委員長から当選証書を受け取るトップ当選を果たした土屋学氏(右)=函南町役場

各地の最新の写真
伊東
伊東海水浴場運営協 来月、事故防止へ会合―総会で稲葉会長再任
下田
下田高男子バレー東部V 25日から県大会「優勝し全国出場を」
中伊豆
伊豆市議会が報告会 一般会計予算概要を説明
熱海
人形で胸骨圧迫実践 本年度初の救命講習会―熱海市消防本部

最新写真特集