「早く一人前に」 3人技能を修了、1人入校―伊豆高等職業訓練校

伊豆日日版 2019年04月16日

野田校長(右)から技能照査合格証を受け取る角田さん=伊豆の国市四日町の伊豆高等職業訓練校
野田校長(右)から技能照査合格証を受け取る角田さん=伊豆の国市四日町の伊豆高等職業訓練校

 伊豆の国市四日町の伊豆高等職業訓練校(野田克典校長)は14日、2018年度修了式と19年度入校式を開いた。同校初の女性1人を含む3人が、木造建築科3年間の技能課程を修了し、新たに1人が入校した。

 野田校長は「3年前に校長に就任した。“同級生”で思い入れの強いみなさんが卒業するのはうれしい」とあいさつ。卒業試験に当たる技能照査の合格証を3人に授与した。来賓の小野登志子市長、土屋源由県議も祝辞を述べた。

 生徒たちは各事業所で働きながら、毎週土曜日に3年間で800時間の授業を受けた。修了生の角田藍さん(22)=三島市=は「良い先生や仲間と出会うことができた。早く一人前になれるよう、現場で一生懸命働きたい」と述べた。

 18年度は生徒6人が技能検定を受け、2人が建築大工(大工工事作業)3級に合格した。新年度は入校生1人を加え、2年生3人、3年生2人の合計6人となった。

 終了後には、同校を運営する伊豆職業訓練協会(沓沢啓治会長)の総会を開いた。

 【写説】野田校長(右)から技能照査合格証を受け取る角田さん=伊豆の国市四日町の伊豆高等職業訓練校

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集