田方操法大会へ結団式 函南町消防団第6、3分団が出場

伊豆日日版 2019年04月13日

大会に向け宣誓する大西さん(右)と飯塚さん(中央)=函南町役場東側駐車場
大会に向け宣誓する大西さん(右)と飯塚さん(中央)=函南町役場東側駐車場

 ■「優勝旗持ち帰る」

 2019年度県消防協会田方支部消防操法大会に向けて、函南町消防団(辻洋幸団長)は11日夜、町役場駐車場で結団式を開いた。ポンプ車操法に第6分団、小型ポンプ操法に第3分団がそれぞれ出場する。

 約150人が出席。仁科喜世志町長や来賓、分団長以上のOB会・纏友(てんゆう)会員らを前に大西健太さん(第6分団)、飯塚佳広さん(第3分団)が「消防団精神を心に刻んで心身の鍛練に励み、団結し、田方支部消防操法大会の優勝旗を持ち帰ることを誓う」と力強く宣誓した。

 大会は5月26日午前9時半から、伊豆市修善寺虹の郷で開かれる。出場は同町ほか伊豆市、伊豆の国市、三島市、伊東市、熱海市。

 出場団員は次の通り。

 【ポンプ車操法】 大西健太、永谷仁、樋口史朗、藤井龍麻、田中道康、栗田匠悟

 【小型ポンプ操法】 飯塚佳広、山口魁人、加藤宏次朗、田中竜也、坂下流星

 【写説】大会に向け宣誓する大西さん(右)と飯塚さん(中央)=函南町役場東側駐車場

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集