画面見て模擬走行 1年生200人が自転車教室―伊豆中央高

伊豆日日版 2019年04月11日

自転車シミュレーターを体験する生徒=伊豆の国市の伊豆中央高
自転車シミュレーターを体験する生徒=伊豆の国市の伊豆中央高

 ■「気を付けたい」

 伊豆中央高(高木ゆかり校長)は9日、自転車教室を開いた。新1年生約200人が、正しい走行方法や交通ルールなどを学んだ。

 交通安全協会大仁地区支部の交通安全指導員2人が講師を務めた。生徒たちは講話で交通ルールや保険に入ることの重要性などを学んだ後、自転車シミュレーターを体験した。

 モニターを見ながら、死角から出てくる歩行者や左折車の巻き込み、一時停止の標識などに注意して走行した。踏切では自転車を降りて渡らなければならないことも学習した。

 体験した生徒の一人は「たくさんぶつかってしまったので気を付けたい」などと話した。通学路が変わり、行動範囲も広くなることなどから、毎年実施している。

 【写説】自転車シミュレーターを体験する生徒=伊豆の国市の伊豆中央高

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集