タカアシガニ駅長 伊豆箱根鉄道、あす伊豆長岡駅に着任

伊豆日日版 2019年02月08日

 伊豆箱根鉄道(本社・三島市、伍堂文康社長)は、沿線の話題創出やPRを目的に、「個性派一日駅長」を始める。第1弾として9日午前10時半から、伊豆の国市の伊豆長岡駅で、沼津市の水族館「伊豆・三津シーパラダイス」で飼育しているタカアシガニを駅長に迎える。

 同社鉄道部長が、約1メートルのタカアシガニを駅長に委嘱。切符に見立てたイカにはさみを入れるパフォーマンスもある。10時56分着の特急踊り子105号から降車する乗客に対しては、同駅からバスで20分ほどの位置にある同水族館のチラシなどを係員が配り、誘客を図る。

 個性派一日駅長は、年間を通じた実施を計画している。

各地の最新の写真
伊東
健康、繁盛願い福だるま 毘沙門天大祭にぎわう―伊東・仏現寺
下田
稲取漁港直売所ロゴマーク決定 キンメとミカン図案化―伊豆漁協
中伊豆
災害時に施設提供 村の駅と安久町内会が協定―三島
熱海
100人がシャンソン堪能 下田の石橋さんがライブ―熱海・起雲閣

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)