17日にまつり雅楽や神楽 写生、写真の審査も―大仁梅林など

伊豆日日版 2019年02月03日

17日に開かれる「おおひと梅まつり」をPRするポスター
17日に開かれる「おおひと梅まつり」をPRするポスター

 伊豆の国市の大仁梅林と大仁神社境内で17日、「おおひと梅まつり」(実行委員会主催、伊豆日日新聞など後援)が開かれる。雅楽や神楽など各種演芸、写生コンクール、写真コンテストなど、さまざまな催しを繰り広げる。実行委ではポスターやチラシを掲示・配布しまつりをPRしている。

 大仁梅林は6千平方メートルの面積に約80種600本の紅白梅、しだれ梅などが植えられている。例年1月上旬から咲き始め、まつりが開かれるころには見頃となり、3月上旬まで楽しめるという。

 ポスターはB2サイズ、チラシはB4二つ折りを製作した。チラシは中を広げると、大仁梅林散歩地図になっている。市観光協会や伊豆長岡駅前観光案内所、近隣市町の観光施設などに、掲示、配布する。

 まつりは午前9時半~午後3時半で、雨天決行。屋台が並ぶほか、甘酒の無料サービスもある。コンクールは小学生以下が対象。大仁区民文化祭、梅お散歩ラリー、三福梅林梅まつりも同時開催する。問い合わせは市観光協会〈電055(948)0304〉へ。

 【写説】17日に開かれる「おおひと梅まつり」をPRするポスター

各地の最新の写真
伊東
サッカー・マーレ杯U―9熱戦 市内外から10チーム―伊東 
下田
市民後見人、11人が修了 下田市社協が養成講座
中伊豆
明治から平成、女将の雛300体 修禅寺、庭園特別観賞も―伊豆
熱海
昭和の名曲披露 FM熱海・湯河原20周年記念

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)