三島の車両衝突死亡事故 目撃、ドラレコ記録を―遺族が呼び掛け 

伊豆日日版 2019年02月01日

目撃者を求める立て看板が設置されている事故現場付近=三島市萩
目撃者を求める立て看板が設置されている事故現場付近=三島市萩

 ■「真実知りたい」 1月22日夕、萩の市道交差点で発生

 三島市萩109付近の交差点で1月22日午後6時15分ごろに起きた原付バイクと乗用車の衝突死亡事故で、バイクを運転し、亡くなった同市徳倉、会社員仲沢勝美さん=当時(50)=の遺族が事故発生当時の状況を詳しく知りたいと、チラシを作製し、会員制交流サイト(SNS)などを使って情報提供を呼び掛けている。

 遺族で妻の知枝さんは「一番知りたいのは、事故が起きた瞬間の信号機の色。目撃者や、ドライブレコーダーの記録から、はっきりした真実を知りたい」と話している。

 事故は萩の市道交差点で、仲沢さんが運転する赤色の原付バイク(ホンダ製、クレアスクーピー)と、沼津市大岡の会社員=当時(46)=が運転する白い乗用車が衝突したとされる。事故を受け、長女の杏梨さん(26)らもツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどを活用し、情報集めに奔走する。

 チラシは千部を作製し、事故発生の翌日から現場で配布を続けている。地元のラジオ局も情報収集に協力しているという。

 杏梨さんは「お父さんは、いつもの通勤経路で、帰宅する途中だったと思う。事故の時は右折ではなく、直進していたと思う」と語る。

 問い合わせは、三島署交通課〈電055(981)0110〉、仲沢さん〈携帯090(9027)9440〉へ。

 【写説】目撃者を求める立て看板が設置されている事故現場付近=三島市萩

各地の最新の写真
伊東
サッカー・マーレ杯U―9熱戦 市内外から10チーム―伊東 
下田
市民後見人、11人が修了 下田市社協が養成講座
中伊豆
明治から平成、女将の雛300体 修禅寺、庭園特別観賞も―伊豆
熱海
昭和の名曲披露 FM熱海・湯河原20周年記念

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)