「五輪開催へ頑張ろう」 官公署仕事始め 菊地・伊豆市長が訓示

伊豆日日版 2019年01月05日

仕事始め式で訓示する菊地市長(左)=伊豆市の修善寺生きいきプラザ
仕事始め式で訓示する菊地市長(左)=伊豆市の修善寺生きいきプラザ

 年末年始休暇を終え、官公署や多くの事業所などで4日、仕事始め式が開かれた。トップから年頭のあいさつや訓示を受け、心新たに2019年の業務をスタートさせた。

 伊豆市は修善寺生きいきプラザで式を開いた。菊地豊市長は職員約80人を前に「今年と来年は、今から約1年10カ月後にある東京五輪・パラリンピックの準備にエネルギーを集中したい。誰も経験したことがなく、何が起こるかも分からない。しかし、観光を基盤産業とする伊豆半島の中心部にある伊豆市の将来の姿として、私たち自身のテストケースと思えばやりがいのある仕事。開催地の職員として頑張りましょう」と訓示した。

 三田忠男議長は「市民のための職員として、計画や企画の初期段階から市民と対話し、要望や声を聞き、市民目線の政策や基本計画を発案してほしい」とあいさつした。

 【写説】仕事始め式で訓示する菊地市長(左)=伊豆市の修善寺生きいきプラザ

各地の最新の写真
伊東
きょうからセンター試験、壮行会で163人激励―伊東高
下田
音響や照明など学ぶ 舞台技術者の養成講座―下田市民文化会館
中伊豆
国道沿い、菜の花見頃 伊豆・八木沢
熱海
地上12メートルから「ヤッホー」 園児が消防本部訪問―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)