県内外112人競う サイクルで一輪車県大会

伊豆日日版 2019年01月04日

スタートの合図で一斉に一輪車のペダルをこぎ出す選手たち=伊豆市大野の日本サイクルスポーツセンター
スタートの合図で一斉に一輪車のペダルをこぎ出す選手たち=伊豆市大野の日本サイクルスポーツセンター

 ■高低差100メートル

 伊豆市大野の日本サイクルスポーツセンターで3日、第29回新春静岡県一輪車競技大会(同センター、JUA静岡県一輪車連盟主催)が開かれた。県内や伊豆一円を中心に、東京、神奈川、千葉などから112人が出場。起伏ある高低差100メートルの5キロサーキットを会場に、幅広い年齢層の参加者が懸命に一輪車のペダルをこいで力走し、上位を競った。

 幼稚園児から一般の69歳までがエントリーし、自転車の国際レースにも使われる過酷な山岳コースに挑んだ。車輪のサイズや学年・年代別に順位を決めた。優勝者は次の通り。

 【総合】16インチ男子 (1)金子将己(長泉町)▽同女子 (1)鈴木燕青(神奈川)▽20インチ男子 (1)石垣智康(静岡市)▽同女子 (1)石山穂澄美(静岡市)▽24インチ男子 (1)高木誠司(浜松市)▽同女子 (1)野島円(長泉町)

 【男子の部】16インチ2年以下 (1)金子将己▽20インチ4年以下 (1)石垣智康▽同5・6年 (1)安武久遠(長泉町)▽24インチ30歳以下 (1)高木誠司▽同31歳以上 (1)高木忠将(浜松市)

 【女子の部】16インチ2年以下 (1)鈴木燕青▽20インチ3年 (1)青木菫(長泉町)▽同4年 (1)青木夢月(静岡市)▽同5年 (1)佐藤輝(神奈川)▽同6年 (1)石山穂澄美▽24インチ中学生 (1)野島円▽同高校生以上 (1)日向菜々子(千葉)

 【写説】スタートの合図で一斉に一輪車のペダルをこぎ出す選手たち=伊豆市大野の日本サイクルスポーツセンター

各地の最新の写真
伊東
前伊東市長に実刑判決 懲役2年、追徴金1300万円
下田
45年の児童・生徒数3分の1に 賀茂広域連携会議
中伊豆
親子で活動成果披露 生涯学習ジュニアフェス―伊豆の国
熱海
新たに重文、登録有形文化財ー熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)