文芸三島、31人を表彰 豊岡市長「10代の応募増えた」

伊豆日日版 2018年12月07日

表彰を受ける文芸三島賞の受賞者たち=三島市民生涯学習センター
表彰を受ける文芸三島賞の受賞者たち=三島市民生涯学習センター

 三島市民らが寄せた文芸誌「文芸三島」第41号の入賞者表彰式が6日、同市民生涯学習センターで開かれた。7部門計123点の応募の中から、入賞した36点31人を表彰した。

 小説や随筆、詩、短歌、俳句、川柳、はめ字文の各部門に118点を掲載した。1978年度に創刊し、市によると最新号には市内小学生による児童文学感想文も掲載した。式典で豊岡武士市長は「10代から90代まで、幅広い世代の応募があった。特に10代の若い人たちの応募が増えている」とあいさつした。

 700部を発行し、市文化振興課や図書館、市内協力書店などで販売している。

 文芸三島賞入賞者は次の通り。

 清水恵、織部美江、小林紀子、樋口久雄、古長谷達子、四方凛子

 【写説】表彰を受ける文芸三島賞の受賞者たち=三島市民生涯学習センター

各地の最新の写真
伊東
彫刻家重岡さんの作品題材 伊東市にカレンダー寄贈 
下田
空き家、出資募り改修へ ネット調達を開始―下田「ゆるいず」 
中伊豆
バスにお絵かき 障害者週間、市が啓発イベント―伊豆の国
熱海
福呼ぶ縁起「まゆ玉」作りピーク―熱海・来宮神社

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)