函南、大会新で町の部連覇 6人が区間賞―県市町対抗駅伝

伊豆日日版 2018年12月02日

号砲とともに一斉にスタートする選手たち=静岡市の県庁前
号砲とともに一斉にスタートする選手たち=静岡市の県庁前
2連覇を達成しゴールする函南町のアンカー高橋武蔵選手=静岡市の草薙陸上競技場
2連覇を達成しゴールする函南町のアンカー高橋武蔵選手=静岡市の草薙陸上競技場

 第19回県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会など主催)が1日、静岡市で開かれた。35市町38チームが郷土への思いをたすきに込め、力走した。町の部は、前大会覇者の函南町が大会新記録の2時間16分30秒の走りを見せ、同町初の連覇を達成した。人口1万人未満の町の1位が対象のふるさと賞には、河津町が選ばれた。

 市の部に26チーム、町の部に12チームが出場。午前10時の号砲で県庁前を一斉にスタートし、清水清見潟公園で折り返して草薙陸上競技場にゴールする42・195キロ、12区間でたすきをつないだ。

 中継点では最後の力を振り絞って次の走者にたすきを渡し、中には苦しげな表情を浮かべ、倒れ込みそうになる女性選手もいた。

 青空の下、全力で駿河路を駆け抜ける選手たちに沿道から大きな声援が飛んだ。

 上位と伊豆地区の結果、表彰者は次の通り。

 【市の部】(1)御殿場(2時間11分44秒=大会新)(2)静岡静岡(3)富士(9)三島(2時間18分12秒)(13)沼津(2時間19分30秒)(21)伊豆の国(2時間24分24秒)(22)熱海(2時間24分36秒)(23)伊東(2時間24分55秒)(25)伊豆(2時間31分4秒)(26)下田(2時間31分31秒)

 【町の部】(1)函南(2時間16分30秒=大会新)(2)清水(3)吉田(6)河津(2時間27分56秒)(8)松崎(2時間31分4秒)(10)西伊豆(2時間32分43秒)(11)東伊豆(2時間32分47秒)(12)南伊豆(2時間33分58秒)

 【区間賞】市の部 11区=河田太一平(三島)12分44秒▽町の部 5区=山本蓮(函南)19分20秒・区間タイ、6区=鈴木勝弓(南伊豆)13分49秒・区間新、7区=岩崎陽生(函南)10分45秒、8区=斎藤愛莉(同)10分34秒、10区=渡辺菜々美(同)9分6秒・区間新、11区=菅沼翔也(同)13分28秒、12区=高橋武蔵(同)15分38秒

 【ふるさと賞】河津

 【敢闘賞】伊豆の国、西伊豆

 【写説】号砲とともに一斉にスタートする選手たち=静岡市の県庁前

 【写説】2連覇を達成しゴールする函南町のアンカー高橋武蔵選手=静岡市の草薙陸上競技場

各地の最新の写真
伊東
彫刻家重岡さんの作品題材 伊東市にカレンダー寄贈 
下田
空き家、出資募り改修へ ネット調達を開始―下田「ゆるいず」 
中伊豆
バスにお絵かき 障害者週間、市が啓発イベント―伊豆の国
熱海
福呼ぶ縁起「まゆ玉」作りピーク―熱海・来宮神社

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)