三島箱根西麓「大根干し」ピーク 「良いサイズ」

伊豆日日版 2018年12月01日

初冬の風情を感じさせる箱根西麓の大根干し=三島市三ツ谷新田
初冬の風情を感じさせる箱根西麓の大根干し=三島市三ツ谷新田

 三島市箱根西麓(ろく)の耕作地で、冬を告げる風物詩として知られる「大根干し」が今年もピークを迎えた。特産のたくあん漬けを仕込むための作業で、真っ白に輝く青首大根が竹ざおにずらりとつるされ、青空との美しいコントラストを描いている。

 親の世代からずっと続けているという、三ツ谷新田の農業田辺実さん(67)方は、11月25日から天日干し作業を始めた。すっきりと晴れた好天の下で、家族や親類4人が集まり、畑から抜き取った大根を竹ざおにつるし、水で泥をきれいに洗い落とした。今後5日前後に収穫に取り掛かり、市場に出荷したり漬け込んだりする予定。

 JA三島函南によると、今年は台風被害が心配されたが「良いサイズがそろい、例年以上の出来栄えになった」という。販売は10日ごろからの見通し。

 問い合わせは販売課〈電055(971)8217〉へ。

 【写説】初冬の風情を感じさせる箱根西麓の大根干し=三島市三ツ谷新田

各地の最新の写真
伊東
彫刻家重岡さんの作品題材 伊東市にカレンダー寄贈 
下田
空き家、出資募り改修へ ネット調達を開始―下田「ゆるいず」 
中伊豆
バスにお絵かき 障害者週間、市が啓発イベント―伊豆の国
熱海
福呼ぶ縁起「まゆ玉」作りピーク―熱海・来宮神社

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)