手作業で団子作り やさしい家、利用者がレク活動―伊豆

伊豆日日版 2018年11月01日

佐々木さん(右から2人目)と団子を作る参加者=伊豆市牧之郷のやさしい家
佐々木さん(右から2人目)と団子を作る参加者=伊豆市牧之郷のやさしい家

 伊豆市牧之郷のデイサービスやさしい家(上杉俊一社長)はこのほど、「おやつレクリエーション」を行った。月2回行っている活動で、今回は団子を作って味わった。

 レクリエーション・インストラクターの資格を持つ佐々木記美子さん(介護福祉士)が勤務していることから、日常生活の動作意欲を養い、集団の中で自らの「係」を認識することなどを目的に続けている。

 今回はデイサービス利用者8人が、上新粉を使って団子を作った。施設で育てて摘み取った後、保存していたヨモギも使った。教員免許取得のために同施設で介護体験していた熊坂出身の木内祐遥さん(立正大)も一緒に作業した。

 団子はゆでた後、きな粉やあんこを付けて味わった。

 介護の仕事に携わって22年、同インストラクターの資格を取得して15年の佐々木さんは、「楽しみを提供することが自分の仕事。手作業を大事にすること、皆で何かを成し遂げる楽しみを発見してもらいたい」と語った。

 【写説】佐々木さん(右から2人目)と団子を作る参加者=伊豆市牧之郷のやさしい家

各地の最新の写真
伊東
少子化対策や新構想高 県議会が出前講座、伊東商3年と意見交換
下田
59ヘクタール、2万6千キロワット メガソーラー起工―南伊豆町大瀬
中伊豆
修善寺IC―大平IC 19~21日、夜間通行止め
熱海
ボージョレ・ヌーボー解禁 朝早くからワイン愛好者―熱海

最新写真特集