三島駅南口東街区再開発、事業協力協定「判断が困難」 市議8人 

伊豆日日版 2018年08月10日

 ■臨時会招集を請求

 三島市議会議員8人は9日、三島駅南口東街区の再開発事業の事業協力に関する協定書の内容について、豊岡武士市長に臨時議会を招集するように請求した。

 市は6日に議員説明会を開き、市と事業協力者の協定案の概要を説明し、配布した資料を終了後に回収した。これらに対して「短い時間で判断が困難。市民への説明責任が果たせない」などと臨時会を請求した。市と事業協力者の協定締結は8月中を予定している。

 市役所に杉沢正人(清論会)佐藤寛文(同)下山一美(共産党)の3議員が代表して訪れ、市秘書課に招集請求書を提出した。地方自治法の規定(議員定数の4分の1)を満たしているため20日以内に臨時議会を開く。

 代表の3人は提出後、「責任を持って審議したい」「傍聴もでき、内容を公開したい」「議事録に残すべきだ」などと話した。

各地の最新の写真
伊東
地域医療支援病院 県、市民病院を承認―熱海伊東圏域で初
下田
南崎こども園園児17人 十五夜団子作りー南伊豆
中伊豆
大仁小生がアユ友釣り 狩野川漁協が教室、川に親しむ―伊豆の国
熱海
支援へ手作り品販売 めぐみ会ボランティア―熱海

最新写真特集