RC初の文化祭 学友会員が親子講座―三島

伊豆日日版 2018年08月06日

輪になって完成したオリジナル楽器を演奏する参加者=三島市民文化会館
輪になって完成したオリジナル楽器を演奏する参加者=三島市民文化会館

 ■音楽、英語 遊びで学ぶ 

 「富士山のふもと文化祭」(国際ロータリー第2620地区学友委員会、ロータリー財団学友会主催)が5日、三島市民文化会館で開かれた。助成を受けて海外で学んだ学友会員が講師になって親子体験講座や文化交流講座を行った。同文化祭の開催は初めて。

 学友会はロータリーの援助で海外での職業研修や教育機関で修学したメンバーで構成。社会貢献を目的に2年前から文化祭の準備を進めていた。「故郷から世界のために 世界から故郷のために」がテーマ。

 体験講座は音楽や英語を小学生らが関心を持つように遊び感覚を交えながら行った。「オリジナル楽器を作って演奏しよう」には約20人が参加。ペットボトルや紙コップを使って制作すると輪になって演奏した。一般向けの文化交流講座は4講演を開き、クラシックコンサートで閉幕した。

 第2629地区の星野喜忠ガバナーは「学友会が中心になって初めて開催した。世界での活躍に期待する」とあいさつした。

 【写説】輪になって完成したオリジナル楽器を演奏する参加者=三島市民文化会館

各地の最新の写真
伊東
厳しい暑さも「甘み十分」 イチジク目ぞろえ会―JAあいら伊豆
下田
川面流れる灯籠200個 海岸で花火800発、夜空彩る―松崎
中伊豆
学校の蛇口150個交換 伊豆の国市上下水道組合が新たな奉仕
熱海
爽やかに晴れ筋雲広がる―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)