加藤景廉を供養 住民、子孫や岩村町関係者も―伊豆・牧之郷

伊豆日日版 2018年08月04日

五輪塔前で焼香し、手を合わせる参列者=伊豆市牧之郷
五輪塔前で焼香し、手を合わせる参列者=伊豆市牧之郷

 ■85人、五輪塔で焼香 顕彰会、命日にしのぶ

 平安時代から鎌倉時代にかけ、現在の伊豆市牧之郷を治めた加藤景廉(かげかど)公の供養祭が3日、市指定史跡の「加藤景廉一族の墓」(五輪塔)で行われた。命日とされる同日に加藤景廉公顕彰会(鈴木強代表)が毎年開き、今年で37回目を迎えた。

 顕彰会や市交流協会、住民、景廉公の子孫、ゆかりの岐阜県恵那市岩村町関係者ら約85人が参列した。読経の中、次々と焼香して手を合わせ、景廉公をしのんだ。牧之郷公民館でも奉納行事を行った。

 景廉公は、源頼朝による源氏旗揚げの挙兵に加わり、伊豆の国目代の山木兼隆を討ち取るなど活躍し、鎌倉時代を創り上げた功労者の一人とされる。頼朝は手柄をたたえ、牧之郷をはじめ各地に領地を与えた。美濃国遠山庄(現岩村町付近)では、日本三大山城の一つとして知られる岩村城を築いた。

 地元を中心に組織する顕彰会は供養祭を開くほか、毎年10月には岩村町の秋祭りに参加している。

 鈴木代表は「今年も無事に、供養祭を行うことができて良かった」と話した。

 【写説】五輪塔前で焼香し、手を合わせる参列者=伊豆市牧之郷

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「湯のまちバル」 フォトコンなど初開催―伊東
下田
「焼きアユ」作り最盛期  黄金色、香ばしく―松崎「鮎の茶屋」
中伊豆
伊豆市に商品やグッズ 五輪パートナーのコカ・コーラ
熱海
真っ黒な手に収穫の喜び MOA幼児学園―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)