「3中学統合すべき」 伊豆市学校再編振興審が答申

伊豆日日版 2018年06月12日

西井教育長(右)に答申書を手渡す菊地会長(左)と勝呂副会長=伊豆市役所中伊豆支所
西井教育長(右)に答申書を手渡す菊地会長(左)と勝呂副会長=伊豆市役所中伊豆支所

 ■西井教育長 「年内決定が目標」

 伊豆市教育委員会から「修善寺・中伊豆・天城湯ケ島地区の中学校のあり方」について諮問を受けた市教育振興審議会は11日、「3地区の中学生にとっての『より良い教育環境』としては、中規模程度の生徒集団が必要である。そのためには3中学校を統合すべきである」とした答申書を提出した。市教委は答申内容を踏まえ、方針や具体的内容を検討する。決定時期は未定だが、西井伸美教育長は「目標としては、年内になんとかしたい」と述べた。

 3中学校の統合を柱とした文教ガーデンシティ事業の中止に伴い、市民有志から提出された「中学校教育環境改善に関する請願書」が市議会で採択されたことを受け、昨年8月に同審議会が発足。学識経験者や保護者代表、市民代表ら委員14人で構成した。

 全8回の会合を重ねたほか、中学校を訪問して現状を把握。国が示す小規模校のメリット、デメリットも参考に、中学生にとってのより良い教育環境について検討した。さらに小学校区単位で市民の意見を聞く会、将来を見据えてこども園と保育園へ出向いての意見交換会も行った。答申書には配慮すべき課題として、早急な教育環境改善や通学対策、教育の質の向上、駐車場確保対策なども盛り込んだ。

 菊地篤子会長(小田原短大教授)、勝呂義衛副会長(市区長会長)が市役所中伊豆支所を訪れ、答申書を手渡した。菊地会長は「早急に取り組んでほしい」と求め、西井教育長は「答申を尊重し、改めて丁寧に検討したい」と述べた。定例の教育委員会、市長を交えた総合教育会議で検討する。

 【写説】西井教育長(右)に答申書を手渡す菊地会長(左)と勝呂副会長=伊豆市役所中伊豆支所

各地の最新の写真
伊東
「若者と伊東、元気に」 18、25日にJCフェスタ
下田
サンマ漁船「豊幸丸」北へ 県内唯一 安全航海と大漁祈る―西伊豆・安良里
中伊豆
JA函南東部と日大国際 丹那牛乳の魅力発信
熱海
多賀中が東海優勝 水泳の400メートルフリーリレー―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)