セルフ給油所を安全点検 駿東伊豆消防―危険物安全週間

伊豆日日版 2018年06月05日

管内のセルフ式給油取扱所を対象にドライバーの安全利用を呼び掛ける啓発チラシの説明をする消防職員=函南町間宮
管内のセルフ式給油取扱所を対象にドライバーの安全利用を呼び掛ける啓発チラシの説明をする消防職員=函南町間宮

 ■啓発チラシ配り説明 

 6月の危険物安全週間(3~9日)の一環で、駿東伊豆消防本部は4日、管轄する沼津、伊東、函南の管内3方面でセルフ式給油取扱所を対象にした立ち入り検査を実施した。

 第2方面本部(伊豆の国市、伊豆市、函南町)は同町間宮の伊伝セルフ蛇が橋店を職員3人が訪れ、正しく安全な利用を来店客に促すために配布啓発チラシ(30部)について説明した。主に▽ガソリンの容器への詰め替え禁止▽静電気除去パッドの利用−といった、来店客の注意事項について説明した。

 6月中に第2方面管内に12ある全てのセルフスタンドを対象に、計360枚のチラシを配布する。危険物取り扱い事業所向けには、店舗掲出用の安全週間推進ポスターも配る。

 立ち入り検査では給油の間違いを防止するための制御盤もチェックし、燃料タンク、消火設備などを点検。こぼれた油をそのまま施設外に流さないための油分離槽も確認した。

 同本部の鈴木満消防室長は「普段の生活でガソリンは便利な存在だが、危険も存在するということを利用者にあらためて認識してほしい」と話した。相原亘店長(41)は「日頃から監視カメラも設置して、安全利用のチェックを心掛けるようにしている」と語った。

 【写説】管内のセルフ式給油取扱所を対象にドライバーの安全利用を呼び掛ける啓発チラシの説明をする消防職員=函南町間宮

各地の最新の写真
伊東
「若者と伊東、元気に」 18、25日にJCフェスタ
下田
サンマ漁船「豊幸丸」北へ 県内唯一 安全航海と大漁祈る―西伊豆・安良里
中伊豆
JA函南東部と日大国際 丹那牛乳の魅力発信
熱海
多賀中が東海優勝 水泳の400メートルフリーリレー―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)