八木沢沖海底で4カ月熟成、ワイン90本引き上げ 伊豆市商工会土肥

伊豆日日版 2018年05月09日

海底から引き上げたワインを確認する関係者=伊豆市土肥
海底から引き上げたワインを確認する関係者=伊豆市土肥

 ■8月に祭り 「楽しんで」

 海底熟成ワイン「らぶ・まーれ」の開発事業に取り組む伊豆市商工会土肥支部事業部(小長谷順二部長)は8日、ワインの引き上げ作業を行った。駿河湾の海底に沈め約4カ月間熟成させた90本を引き上げた。8月17日午後7時からは、ワイン祭り「らぶ・まーれ2018」(市観光協会土肥支部主催)を松原公園で開く。

 作業には関係者10人が参加した。1月13日に沈めた八木沢沖約200メートルまで船で行き、ダイバーが水深約20メートル地点からワインが入ったケースを引き上げた。船着き場に戻った後は、瓶が割れていないかなどを確認した。小長谷部長は「今年も多くの人に楽しんでほしい」と話した。

 地域資源の海を活用して新たなブランドを作る事業。ワインを使用する中伊豆ワイナリーや地元の漁協、観光協会、ダイビングセンターの協力を得て2015年から取り組む。海底に沈めることにより熟成度が早まり、まろやかさと深みが増すという。

 ワインは土肥金山の坑道で保管。7月1日の海開きに合わせて開栓式を行った後、数店舗で販売も行う。

 【写説】海底から引き上げたワインを確認する関係者=伊豆市土肥

各地の最新の写真
伊東
飲食、ステージ大盛況 UsaMIフェス、地元中生も参加―伊東
下田
農業振後継者育成部会 親子ら50人が体験―下田・須原
中伊豆
4団体、15部門で競う 函南で東地区連民謡大会
熱海
なえどこで島原さん講演 2030会議―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)