豊岡氏も出馬の意向 選挙戦へ、「責任果たしたい」―三島市長選

伊豆日日版 2018年04月13日

 任期満了に伴う三島市長選(12月9日告示、16日投開票)に向け現職豊岡武士氏(75)=文教町=は12日までに、3選を目指し出馬の意向を固めた。豊岡氏は「責任を果たしたい」と意欲を語った。出馬の意向を示したのは2人目で、選挙戦の可能性が高まった。

 豊岡氏は「責任」として、三ツ谷工業団地の企業誘致と三島駅南口再開発の取り組みが途上なこと、一般社団法人美しい伊豆創造センター会長として観光振興への責務、東京五輪・パラリンピックを見据えた外国人を受け入れる町づくり推進を挙げた。

 文教町出身。日本獣医畜産大(現日本獣医生命科学大)卒業後、県職員となった。1999年に県議初当選、3期目の2010年、市長選に出馬し初当選した。今回の市長選には県議・宮沢正美氏(68)=三ツ谷新田=が出馬の意向を示している。

各地の最新の写真
伊東
一時不停止多い自転車事故の原因 伊東商高で交通講話
下田
「今年こそ優勝を」 小学生カッターチーム始動―南伊豆
中伊豆
国際的価値証明など10項目 GGNの指摘クリア―伊豆ジオ
熱海
リーダー講習会など継続 熱海市子連が総会

最新写真特集