1週間早く開花 修善寺虹の郷で御衣黄見頃

伊豆日日版 2018年04月13日

緑色の花が見頃になった御衣黄=伊豆市の修善寺虹の郷駐車場
緑色の花が見頃になった御衣黄=伊豆市の修善寺虹の郷駐車場

 伊豆市の修善寺虹の郷で、淡緑色の花が特徴的な桜・御衣黄(ぎょいこう)が見頃になった。同施設は「今週末がピークになりそう」と話す。

 同施設では樹齢30年近い樹高約6メートルの御衣黄が5本、駐車場に植えられている。今年は気温が高い日が多かった影響で、例年より1週間ほど開花が早いという。木の近くには案内看板も設置され、来園者は「珍しい」などと話しながら花を観賞している。

 大島桜の一種の御衣黄は、直径3・5センチほどの八重咲き。開花時は淡い緑色で、徐々に黄緑色から黄色に変化し、花の中央に紅色の十文字の筋が入る。

 【写説】緑色の花が見頃になった御衣黄=伊豆市の修善寺虹の郷駐車場

各地の最新の写真
伊東
今年も「真っ赤な大輪」 伊東の大川さん、テロピア出荷本格化
下田
レンゲの花で王冠、親子連れでにぎわう 大賀茂レンゲ祭り―下田
中伊豆
児童60人熱戦、土俵際で攻防 三島で「わんぱく相撲」
熱海
網代で25・3度 ハマヒルガオ、多賀地区で開花―熱海

最新写真特集