静かにしなくていいよ 毎週水曜日にベビータイム―修善寺図書館

伊豆日日版 2018年04月06日

来館した親子に読み聞かせをする杉山さん(左)=伊豆市の修善寺図書館視聴覚室
来館した親子に読み聞かせをする杉山さん(左)=伊豆市の修善寺図書館視聴覚室

 ■子育て世代、利用を 協力呼び掛け

 伊豆市立修善寺図書館は、赤ちゃんや小さい子ども連れでも気兼ねなく利用してもらえるよう、「ベビータイム」を設けた。近隣市町の図書館と違い、子ども用のスペースがないことから、毎週水曜日の午前10時~正午を優遇する時間帯にした。多くの利用をPRするとともに、一般来館者の理解、協力を呼び掛けている。

 保護者から「図書館は静かにしないといけない場所なので、連れて行きにくい」という声があったことを受け企画した。昨年の職員研修で紹介された袋井市の事例も参考に、試験的に始めることを決めた。

 館内の視聴覚室に畳とカーペットを敷き、親子で読書できるくつろぎの場を提供する。お薦めの絵本や乳幼児用の本も陳列。図書館司書やボランティアによる読み聞かせ会も開く。館内カウンターでは来館者に声をかけ、ベビータイム実施中を周知する。

 初回の4日は利用家族1組だけだったが、「気軽に来られるようになると思う。視聴覚室でゆっくり本を選ぶこともできて良かった」と感想を語った。図書館司書の杉山恵子さんによる読み聞かせも楽しみ、本を借りて帰った。

 同図書館は「一般の利用者の来館を制限するものではなく、子育て世代にも利用してもらうよう設定した」と理解を呼び掛けている。問い合わせは同図書館〈電0558(72)9868〉へ。

 【写説】来館した親子に読み聞かせをする杉山さん(左)=伊豆市の修善寺図書館視聴覚室

各地の最新の写真
伊東
今年も「真っ赤な大輪」 伊東の大川さん、テロピア出荷本格化
下田
レンゲの花で王冠、親子連れでにぎわう 大賀茂レンゲ祭り―下田
中伊豆
児童60人熱戦、土俵際で攻防 三島で「わんぱく相撲」
熱海
網代で25・3度 ハマヒルガオ、多賀地区で開花―熱海

最新写真特集