営業利益は36・2%減 伊豆箱根鉄道の第3四半期連結決算

伊豆日日版 2018年02月10日

 ■経費増加で増収減益

 伊豆箱根鉄道は9日、2018年3月期・第3四半期連結決算を発表した。昨年4月1日~12月31日の累計は、営業収益が91億3309万円(前年同期比1・7%増)、営業利益が2億1717万円(同36・2%減)、経常利益が1億7307万円(同36・6%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益が2億8609万円(同39・7%増)だった。

 同社は「鉄道の動力費、バス・タクシーの燃料費などの経費が増加した」と増収減益の原因を分析。純利益は固定資産の売却益があったため増加したという。

 鉄道事業は、営業収益20億3451万円(同0・9%増)、営業利益が5128万円(同51・7%減)だった。駿豆線は好調だったが、大雄山線が前年同期を下回った。

各地の最新の写真
伊東
伊東ジュニア陸上に伊豆賞 本社からブロンズ像
下田
夜の河津桜、楽しみ歩く 観光客や住民ら170人―まつり実行委
中伊豆
中高生4人に手話指導 五輪・パラに向け講座―伊豆
熱海
生ワカメ詰め放題盛況 2イベント同時開催―熱海・長浜海浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)