自転車、ここ走って 県が矢羽根マーク設置―伊豆半島周遊ルート

伊豆日日版 2018年02月05日

県が伊豆全域に設置する矢羽根マーク=沼津市内浦
県が伊豆全域に設置する矢羽根マーク=沼津市内浦

 ■25日に走行イベント

 県は伊豆半島の自転車利用促進のため、走行位置を示す矢羽根マークを一部の道路に描いている。安全性向上を図るとともに、マークをたどることでモデルコースを迷わず走ることができる。南伊豆町で25日、マークを使ったサイクリングイベントを開く。15日まで参加申し込みを受け付ける。

 県は(1)半島周遊ルート(沼津市−下田市−熱海市)(2)半島縦断ルート(伊豆の国市−河津町)(3)半島横断ルート(伊豆の国市−伊東市)の3経路を定め、本年度は周遊ルートの一部にマークを描いた。周遊ルート以外は来年度以降整備する。

 マークは長さ90センチで、道路左端に40メートル間隔で描く。自転車走行位置が一目で分かり、自動車運転手への注意喚起になるという。

 半島最南端の南伊豆町は周遊ルートが通る。25日のイベントでは青野川ふるさと公園を発着点に、石廊崎などの海岸線を巡る25キロのコースを走る。

 午前9時から公園で受け付け、10時に出走する。参加無料だが自転車は持参するか、有料レンタサイクル(10台)を使う。温泉施設招待券がもらえる。定員は先着30人で問い合わせは県下田土木事務所〈電0558(24)2113〉へ。

 【写説】県が伊豆全域に設置する矢羽根マーク=沼津市内浦

各地の最新の写真
伊東
伊東ジュニア陸上に伊豆賞 本社からブロンズ像
下田
夜の河津桜、楽しみ歩く 観光客や住民ら170人―まつり実行委
中伊豆
中高生4人に手話指導 五輪・パラに向け講座―伊豆
熱海
生ワカメ詰め放題盛況 2イベント同時開催―熱海・長浜海浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)