民間レベルでどう推進 応援会員の集い初開催―伊豆半島ジオ

伊豆日日版 2017年11月30日

各事業所がジオパークに関する活動状況を報告した応援会員の集い=伊豆市の修善寺総合会館
各事業所がジオパークに関する活動状況を報告した応援会員の集い=伊豆市の修善寺総合会館

 ■5事業所が活動発表

 伊豆半島ジオパーク推進協議会(会長=菊地豊・伊豆市長)は29日、伊豆市の修善寺総合会館で、応援会員の集いを開いた。初めての開催で、各地で意欲的な取り組みを行っている5事業所が活動内容を発表。会員や加盟団体から50人余りが出席し、民間が取り組むジオパーク活動を考えた。

 応援会員制度は2年前に発足し、「伊豆半島ジオパークを応援します」という趣旨に賛同する97事業者が加盟している。

 伊豆急行(伊東市)は、ジオの写真などを掲示するジオトレインや情報発信などの取り組みを紹介し「今後も伊豆半島の素晴らしいジオパークや自然をPRしていく」と話した。このほか、山本食品(三島市)、マックスバリュ函南店、堂ケ島マリン(西伊豆町)、土肥マリン観光(伊豆市)がそれぞれ発表した。

 菊地会長は「それぞれの活動でいいと思う。過去や将来を共有しているジオパークを皆さんと一緒に進めていきたい」とあいさつした。

 【写説】各事業所がジオパークに関する活動状況を報告した応援会員の集い=伊豆市の修善寺総合会館

各地の最新の写真
伊東
27段400体、壮観 伊東市役所に雛人形飾り登場
下田
災害時の電気・通信確保 工事協組支部と防災協定―松崎町
中伊豆
読み聞かせや歌披露 保育園児と交流―伊豆の国・東部特支高等部
熱海
4月からの報酬改定など 稲葉さん招き研修―熱海市介護事業者連

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)