まちづくり協旅行企画初の商品化 伊豆の国議会開会  

伊豆日日版 2017年11月30日

 ■条例一部改正など可決

 伊豆の国市議会12月定例会が29日、開会し、会期を12月18日までの20日間と決めた。小野登志子市長は行政報告で、市観光まちづくり協議会の企画が商品化され、大手旅行会社JTBで販売されることが決まったことを報告した。

 同協議会は伊豆の国市版DMO(観光地域づくり組織)を進めるための市民組織で、昨年9月に設立された。「葛城山から見る朝焼けの紅富士『ハッピーモーニングライト幸運の紅富士』」で、企画が商品化されるのは今回が初めてという。

 行政報告に続いて、議案13件が上程され、条例の一部改正、財産の無償貸し付け、自治功労表彰の同意など12件を可決した。一般会計補正予算案を委員会付託とした。

 市職員の育児休業、市営住宅管理、市都市公園条例などを一部改正した。また郷土資料館跡地を、江川家資料保存活用施設建設敷地として江川文庫に来年度から無償で貸し付けることを決めた。自治功労表彰者として前市議の水口哲雄さん(長岡)、鈴木平一郎さん(奈古谷)の表彰に同意した。

 30日、12月1日に一般質問を行う。

各地の最新の写真
伊東
ほうきのような赤褐色 カルーナ4000株色づく―伊東・NYL
下田
災害時の手順を確認 爪木崎でヘリ離着陸誘導訓練―下田市消防団
中伊豆
晴天の下、観梅満喫 写真撮り園内散策―おおひと梅まつり
熱海
資料活用法など学ぶ 最終回で模擬授業―熱海市教委教師塾

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)