挿絵で坦庵の実績、成長 三島郷土資料館で企画展

伊豆日日版 2017年11月10日

渡辺菊二の挿絵などが展示されている企画展=三島市の郷土資料館
渡辺菊二の挿絵などが展示されている企画展=三島市の郷土資料館

 ■伝記用幻の作品など90点

 三島市一番町の市郷土資料館で、企画展「挿絵で見る江川太郎左衛門英龍(坦庵)」が開かれている。韮山反射炉の建設に尽力した英龍の伝記のために描かれた幻の挿絵など約90点を展示している。来年2月12日まで。

 伝記は、同市出身の児童文学作家・小出正吾が著した。挿絵は日本画家・渡部菊二が描いたが使用されなかったため、一般公開は初めて。40点余りの原画やパネルと当時の古文書、絵図などを並べている。

 挿絵は坦庵の成長や事績ごとに展示し、「韮山反射炉」や「戸田の造船」を描いたものもある。同資料館は「坦庵の事績とともに当時の三島の様子を知ってもらいたい」と話した。

 市生涯学習センターで11日午後2時から「江川坦庵と幕末反射炉ブーム」と題した講演会も開く。問い合わせは同館〈電055(971)8228〉へ。

 【写説】渡辺菊二の挿絵などが展示されている企画展=三島市の郷土資料館

各地の最新の写真
伊東
河津桜、季節外れの開花 本社駐車場の2本、数輪―伊東
下田
南伊豆・「いろう男爵」、伊豆トップ  ゆるキャラGP172位、県内4位
中伊豆
26日に天城みのり祭り 看板、かかし設置しPR―伊豆
熱海
原さん伊豆山小5年努力賞 税に関する絵はがきコンク―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)