下水道料引き上げへ 基本料金70円増―伊豆市審議会答申

伊豆日日版 2017年11月09日

菊地市長に答申書を手渡す日吉会長(左)と小川正実副会長=伊豆市役所
菊地市長に答申書を手渡す日吉会長(左)と小川正実副会長=伊豆市役所

 ■1立方メートル当たり水量料金、85円から108円に

 伊豆市下水道事業審議会(日吉丈男会長)は7日夜、下水道使用料改定に関する答申書を菊地豊市長に提出した。一般汚水の1カ月当たりの基本料金250円を320円に、排出量1立方メートル当たりの水量料金85円を108円に引き上げることなどを盛り込んだ。

 答申では、一般会計からの繰入金に依存して事業が運営されていること、合併に伴う料金統一化以降に改定されていないこと、狩野川東部流域下水道維持管理負担金の改定があったことから、使用料改定はやむを得ないと判断。同負担金の改定幅や近隣市町の見直しなどを踏まえ、改定率は約27・1%にすることが妥当とした。

 営業温泉汚水については、基本料金を同じく250円から320円に改定し、水量料金は現行の1立方メートル当たり60円を据え置くことが妥当と判断した。改定は来年4月からが適当だが、住民への十分な周知期間を確保して決定することとした。

 市長から7月に諮問を受けた同審議会は、合計5回の会議を開催。最終回終了後に正副会長が市役所を訪れ、菊地市長に提出した。日吉会長は、市内に独自の下水道処理施設8カ所を抱えているなど複雑な事情があることを受け、委員からさまざまな意見が出されたことを説明した。

 市は市議会12月定例会に条例改正案を上程する予定。その後に住民への説明を行う。

 【写説】菊地市長に答申書を手渡す日吉会長(左)と小川正実副会長=伊豆市役所

各地の最新の写真
伊東
河津桜、季節外れの開花 本社駐車場の2本、数輪―伊東
下田
南伊豆・「いろう男爵」、伊豆トップ  ゆるキャラGP172位、県内4位
中伊豆
26日に天城みのり祭り 看板、かかし設置しPR―伊豆
熱海
原さん伊豆山小5年努力賞 税に関する絵はがきコンク―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)