校内に紅ほっぺ600株 JAと長岡北児童、苗定植―伊豆の国

伊豆日日版 2017年10月08日

イチゴの苗を植える児童たち=伊豆の国市の長岡北小
イチゴの苗を植える児童たち=伊豆の国市の長岡北小

 伊豆の国市立長岡北小の児童162人が6日、市特産のイチゴの苗の定植に取り組んだ。JA伊豆の国青壮年部北支部員約25人と共に、校内のビニールハウスに紅ほっぺ約600株を植えた。

 食農教育活動の一環で、同支部が長岡北、韮山南、韮山の3小学校で20年以上続けている。児童たちは、支部員から植えるポイントを聞くと、掘った穴に苗を植え、丁寧に土をかぶせた。上級生が下級生に教える姿も見られた。

 田村涼太君(6年)は「おいしいイチゴを育てていきたい」と笑顔で話した。支部長の阿部聖人さんは「イチゴ農家の人が、どんな感じで育てているのか知ってもらえればうれしい」と思いを語った。

 同支部はさらに300株を同校に贈った。6年生が修学旅行で訪れる東京で配り、特産品をPRするという。

 イチゴは、12月中旬には実を付け、5月ごろまで収穫できるという。

 【写説】イチゴの苗を植える児童たち=伊豆の国市の長岡北小

各地の最新の写真
伊東
全国小学生一輪車大会 稲葉ペア(伊東南)5位入賞
下田
保育の人材不足改善へ 県と賀茂6市町―チャレンジ事業に6人
中伊豆
若者戻ってくる場所に 各界17人が意見交換―伊豆半島地域会議
熱海
住警器取り付け促す 熱海市消防本部が網代の高齢者宅40軒訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)