くぬぎ会館内に木製ベンチ 伊豆の国建設業協

伊豆日日版 2017年09月14日

子育て施設内にも設置されたベンチ=伊豆の国市の大仁くぬぎ会館
子育て施設内にも設置されたベンチ=伊豆の国市の大仁くぬぎ会館

 ■「子ども見守りやすくなった」

 伊豆の国市建設業協会(土屋龍太郎会長)はこのほど、大仁くぬぎ会館内の子どもエリアに木製ベンチ5台を贈った。市が進める「ベンチプロジェクト」の一環で、子どもを見守りやすくなったと利用者から喜ばれている。

 ベンチプロジェクトは市内にベンチを置き、市民の交流促進を図る取り組み。これまでは高齢者が自然に集える場にと屋外に置いてきたが、初めて屋内に設置した。

 ベンチ1台は長さ約1・5メートル、高さ約0・5メートルのボックス型で、座席下は手荷物が収納できるようになっている。乳幼児がけがをしないよう、縁に丸みを持たせるなど工夫がある。これまでテーブルと椅子はあったが、ベンチが来たことで子どもと一緒に横並びで座れるようになった。

 市保健福祉・こども・子育て相談センターによると、今年4月に開所した同会館の子どもエリアの利用者数は旧大仁児童会館の1・5倍(乳幼児は2・5倍)という。担当者は「児童館と違い、これから異世代間交流も進みそう。今までおなかの大きな母親が座れるような場所もなかったので、とても役立っている」と話した。

 【写説】子育て施設内にも設置されたベンチ=伊豆の国市の大仁くぬぎ会館

各地の最新の写真
伊東
“シニア国体”テニス女子複 板倉さん(伊東)5位  
下田
初日は276キロ水揚げ 石廊崎で伊勢エビ漁解禁―南伊豆
中伊豆
介護、1人で抱えない 3人体験発表し心境語る―伊豆の国市
熱海
ダミー使い心肺蘇生 熱海市赤十字奉仕団、基礎研修に34人

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)