くぬぎ会館内に木製ベンチ 伊豆の国建設業協

伊豆日日版 2017年09月14日

子育て施設内にも設置されたベンチ=伊豆の国市の大仁くぬぎ会館
子育て施設内にも設置されたベンチ=伊豆の国市の大仁くぬぎ会館

 ■「子ども見守りやすくなった」

 伊豆の国市建設業協会(土屋龍太郎会長)はこのほど、大仁くぬぎ会館内の子どもエリアに木製ベンチ5台を贈った。市が進める「ベンチプロジェクト」の一環で、子どもを見守りやすくなったと利用者から喜ばれている。

 ベンチプロジェクトは市内にベンチを置き、市民の交流促進を図る取り組み。これまでは高齢者が自然に集える場にと屋外に置いてきたが、初めて屋内に設置した。

 ベンチ1台は長さ約1・5メートル、高さ約0・5メートルのボックス型で、座席下は手荷物が収納できるようになっている。乳幼児がけがをしないよう、縁に丸みを持たせるなど工夫がある。これまでテーブルと椅子はあったが、ベンチが来たことで子どもと一緒に横並びで座れるようになった。

 市保健福祉・こども・子育て相談センターによると、今年4月に開所した同会館の子どもエリアの利用者数は旧大仁児童会館の1・5倍(乳幼児は2・5倍)という。担当者は「児童館と違い、これから異世代間交流も進みそう。今までおなかの大きな母親が座れるような場所もなかったので、とても役立っている」と話した。

 【写説】子育て施設内にも設置されたベンチ=伊豆の国市の大仁くぬぎ会館

各地の最新の写真
伊東
起業体験児童 決算報告し「納税」―伊東・気鋭の会講座
下田
「1秒でも縮め、つなぐ」 市町対抗駅伝、西伊豆チームが結団式
中伊豆
「地域と歩む」決意新た 伊豆箱根鉄道が100周年式典―三島
熱海
紅葉、今週末に見頃 熱海MOA美術館

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)