敬老会で初「式三番」 祭り行けない人のため―伊豆の国・田京区

伊豆日日版 2017年09月12日

敬老の祝いに上演される伝統芸能「式三番」=伊豆の国市田京のみんなのハワイアンズ
敬老の祝いに上演される伝統芸能「式三番」=伊豆の国市田京のみんなのハワイアンズ

 伊豆の国市の田京区(菅尾祥夫区長)は10日、区内の観光施設みんなのハワイアンズで敬老会を開いた。同区の広瀬神社に毎年奉納している伝統芸能「式三番(しきさんば)」をステージで上演し、出席者たちは幽玄な舞に見入った。

 式三番は千歳(せんざい)、翁(おきな)、三番叟(さんばそう)の3人による舞で、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。敬老会で披露するのは初めてで、例大祭当日(11月3日)は準備などでじっくり見ることができないこと、高齢になると足を運ぶのが難しくなることなどから行った。

 会には75歳以上の男女約140人が集まった。笛や太鼓、掛け声が響く中、3人が扇を手にゆったりとした動きで舞を踊った。三番叟と千歳はそれぞれ昨年演じた諸伏陽仁君(大仁中1年)、青野太政君(大仁北小6年)が担った。諸伏君は「小学5年生のころから2年やって、中学でもやるとは思っていなかったので良い機会になった」、青野君は「敬老会のお祝いの席でやらせてもらい、練習よりもうまくできた。来年もやりたい」と満足げな表情を浮かべた。今年は青野君と、地区の5年生が演じるという。

 終了後、出席者たちは食事をとって親交を深めた。

 15日の「老人の日」から21日までは「老人週間」で、18日が「敬老の日」に当たる。田方地区でも各地で敬老会が開かれるほか、市町の首長が長寿者のお祝い訪問を行う。

 【写説】敬老の祝いに上演される伝統芸能「式三番」=伊豆の国市田京のみんなのハワイアンズ

各地の最新の写真
伊東
山頂から富士山望む 伊東・大室山、青空広がる
下田
敵将の帽子奪い合う 中学で運動会スタート―賀茂地区
中伊豆
台風一過で伊豆地区気温上昇 だるま山から富士山撮影
熱海
多様な模擬店人気 錦町町内会、会場変更し夕べ―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)