太鼓やジャズなど多彩 戸田・ごぜ芸能まつり

伊豆日日版 2017年09月12日

フィナーレを飾る出演者全員によるコラボステージ=沼津市戸田の御浜岬エントランス広場
フィナーレを飾る出演者全員によるコラボステージ=沼津市戸田の御浜岬エントランス広場

 ■ソーランで締めくくり

 沼津市の戸田観光協会(川合健次会長)は9日夜、御浜岬エントランス広場で「第13回ごぜ芸能まつり」を開いた。住民、観光客ら約450人が和太鼓、ジャズ、三味線演奏、よさこい演舞などを楽しんだ。

 6時半から松の巨木前に用意した特設ステージで祭りがスタートした。沖では漁船が緑の集魚灯を点灯させ舞台を彩った。郷土芸能発表では戸田太鼓、フラダンス、戸田音頭、ふじさんかっぽれ、美凛舞のよさこい演舞が華やかに繰り広げられた。

 続いてジャズ演奏が披露された。ボーカルのクリビアサチさん、ピアニストの山田百合子さんが出演し「星に願いを」「見上げてごらん夜の星を」などを歌い、会場はロマンチックな雰囲気に包まれた。津軽三味線演奏は「月夜のごぜ物語り 第13章」と題し、三味線奏者の小森高正さん、民謡歌手の池家京子さんが出演。見事なバチさばきに会場から多くの拍手が送られた。

 最後は全出演者のコラボステージ。よさこいソーランを踊り、歌い上げ、バックで花火が打ち上がりフィナーレを飾った。川合会長は「13回目を数えることができた。日本の芸能が発展することを願いたい」と話した。

 【写説】フィナーレを飾る出演者全員によるコラボステージ=沼津市戸田の御浜岬エントランス広場

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)