「119番正しく利用を」 量販店などで啓発―駿東伊豆消防

伊豆日日版 2017年09月11日

来店客に啓発品を配る消防職員=伊豆市のカインズ修善寺店
来店客に啓発品を配る消防職員=伊豆市のカインズ修善寺店

 駿東伊豆消防本部は「救急の日」の9日、消防署単位で街頭啓発活動を行った。量販店やスーパーなどの来店客にチラシや啓発品を配り、正しい119番通報を呼び掛けた。

 田方南消防署は伊豆市のカインズ修善寺店で行った。消防職員と同市消防団女性消防隊員約10人が参加。買い物客にチラシや消防車両などの消しゴム約150セットを配った。

 チラシでは「交通手段がない」「救急車は無料だから」「優先的に診断してもらえる」などの理由で救急車を呼ばないように呼び掛けた。逆に「突然の激しい頭痛」「突然の高熱」「血を吐く」「嘔吐(おうと)が止まらない」など、すぐに119番通報した方が良い症状も記した。

 職員は「一秒を争うような重症の人を優先したい。自分で病院に行ける人は救急車の利用を控えてほしい」と話した。同日は田方中消防署、北消防署も実施。西出張所は10日に行う。

 【写説】来店客に啓発品を配る消防職員=伊豆市のカインズ修善寺店

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)