函南に「めんたいパーク」 来年12月開業計画

伊豆日日版 2017年09月09日

めんたいパークの建設予定地(左が道の駅駐車場)=函南町塚本
めんたいパークの建設予定地(左が道の駅駐車場)=函南町塚本

 ■県内初、80人を雇用

 函南町塚本に観光客らに辛子めんたいこの魅力を発信する専門テーマパーク「めんたいパーク」が進出する。道の駅隣接地に2018年12月に開業する計画。町議会9月定例会2日目の8日、市川政明氏の一般質問に答えた。

 パークは製造業「かねふく」(本社=福岡市)の関連会社。製造過程の工場見学や直売所、フードコートなどを設けて辛子めんたいこを紹介する。完成すると県内初、全国5施設目という。

 町に建設する施設は約1・1ヘクタールの敷地に延べ床約3千平方メートルの2階建てで辛子めんたいこの製造過程を見学できる工場の他、めんたいこの販売所、ギャラリー、シアターコーナー、フードコート、140台の駐車場などを計画。来年2月から造成、5月に建設着工し、11月に完成する予定。雇用はパートが大半で80人を見込む。

 質問の中で隣接する道の駅との連携について町は「販売品目は競合しない。連携は可能」と答えた。税収も1千万円から2千万円と試算した。森延彦町長は「道・川の駅、めんたいパークの3者一体となった交流拠点になるのは間違いない。連携施設として期待できる」と答えた。同社の誘致は「内陸フロンティア事業」を進める県から打診され具体化した。

 【写説】めんたいパークの建設予定地(左が道の駅駐車場)=函南町塚本

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)