伊豆全域61社、活発に商談 食彩トレイドフェア開幕―函南

伊豆日日版 2017年09月09日

商談を進める伊豆地区の出展者とバイヤー=函南町文化センター
商談を進める伊豆地区の出展者とバイヤー=函南町文化センター

 ■きょう一般販売、GP 

 IZU食彩トレイドフェア(同実行委員会主催)が8日、函南町上沢の町文化センターで始まった。地域ブランド食材の販路拡大を図る伊豆地区全域から61社が出展。初日、県東部を中心としたバイヤー300人と活発な商談を繰り広げた。9日午前9時半から、一般販売を行う。

 同イベントは田方地区を中心に伊豆地区8市町の商工会が実行委員会を組織して主催している。今年で7回目。新規開発した地域ブランド食材をアピールしながら販路拡大や新連携の創出を促す。

 初日、各ブースや個室で出展者とバイヤーが商談会を行った。バイヤーは商品単価や味を確認した上で、見積もりを求めた。試験的に開催した関係者を対象とした特別販売会もにぎわった。実行委は「来場者は例年並みだが、商談が決まったという声が多い。成約率はやや高い」と話した。

 2日目は「おいしいもの物産展」と銘打った一般販売や来場者投票による「おいしいIZUグランプリ」を行う。美しい伊豆創造センターによる「伊豆半島食の祭典」も同時開催する。町役場と会場を運行する無料シャトルバスの利用を呼び掛けている。

 【写説】商談を進める伊豆地区の出展者とバイヤー=函南町文化センター

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)