母乳ケアに日帰り型追加 伊豆市の産後事業

伊豆日日版 2017年09月06日

 ■委託先、利用日数も増

 伊豆市は9月から、近隣市町に先駆けて実施している「産後ケア事業」の内容を、より利用しやすくリニューアルした。利用の多い「母乳ケア」の委託先と利用日数を増やし、利用形態も訪問型と日帰り型を選択できるように変更した。

 これまでの委託先「桃太郎助産院」(日向)に「助産院ゆずさん家(ち)」(柏久保)を追加した。母乳ケアの利用回数も「1日」から「最大3日」に増やした。

 自宅への訪問型だけだった利用形態にも、助産院での日帰り型を加えた。利用時間はともに4時間未満で、利用者負担は千円。桃太郎助産院では4時間以上(利用者負担2千円)と宿泊型(同3千円)も利用できる。

 同市は2017年度から産後ケア事業に取り組む。出産後(退院後)の母親と4カ月未満の子どもを対象に、健康状態のチェックや母乳ケア、授乳相談、育児相談・育児指導などを行っている。

 希望者は助産院に事前予約し、同市に申請書を提出する。問い合わせは同市こども課〈電0558(72)9850〉へ。

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)