伊豆、伊豆の国 防災訓練に2万5000人

伊豆日日版 2017年09月04日

応急トイレの使い方を学ぶ参加者=伊豆市の中伊豆中体育館
応急トイレの使い方を学ぶ参加者=伊豆市の中伊豆中体育館
竹と毛布で作った担架で人を持ち上げる参加者たち=伊豆の国市の大仁北小
竹と毛布で作った担架で人を持ち上げる参加者たち=伊豆の国市の大仁北小

 ■応急トイレの使用法など体験

 伊豆の国市と伊豆市は3日、巨大地震発生を想定した総合防災訓練を行った。伊豆の国市は大仁北小と韮山中、伊豆市は中伊豆中と中伊豆小をメーンに会場型訓練を展開したほか、各地区で自主防災会を中心にした実践的な訓練を実施。両市合わせて約2万5千人が参加した。

 ■居住空間、間仕切り 消火、ペット同行避難も―伊豆

 伊豆市のメーン会場には住民と市、自衛隊、警察、消防関係者ら約600人が参加し、13項目の訓練に取り組んだ。開会式で菊地豊市長は「まずは逃げて安全な場所へ避難し、その後が今日の訓練。普段から命を守ることを心掛けてほしい」と呼び掛けた。

 中伊豆中体育館では避難所訓練を行った。住民は受け付けや居住スペースの間仕切り、応急トイレの使用法、要支援者名簿への登録などを体験した。国土交通省沼津河川事務所による防災講座は、模型を使って土砂崩れの仕組みを説明した。

 グラウンドでは消火訓練、災害装備品研修、災害用車両の展示、自衛隊による炊き出し訓練などを行った。

 ペット同行避難訓練も行った。県東部保健所職員らが、避難所ではペットはケージに入れ、飼い主と離れて生活することなどを説明した。犬3匹を飼っている男性は「ペット用の非常食は用意してあるが、ケージはない。いろいろ考えなければ」と話した。

 【写説】応急トイレの使い方を学ぶ参加者=伊豆市の中伊豆中体育館

 ■毛布使い担架作る 避難所運営、応急手当ても―伊豆の国

 伊豆の国市立大仁北小の訓練には守木区と立花区の区民約550人が参加した。参加者たちは5班に分かれ、避難所運営、応急手当て、消火、煙体験、応急担架作りの各訓練に臨んだ。

 担架作りの訓練では御殿場市の陸上自衛隊板妻駐屯地第34普通科連隊の隊員たちが、毛布のみの担架と、毛布と竹を使った担架の作り方を教えた。「毛布でなくてもトタンなどでも作ることができる」「竹がない場合は物干しざおなどでも代用可能」などと説明し、参加者たちが実践した。負傷者を運ぶときは「足は出てもいいから、頭がはみ出ないように気を付ける。脊髄などを痛めている可能性もあり危険」と注意があった。

 また参加者たちは避難所運営について「1人に割り当てられる面積は1・5メートル×2メートルで、1・3メートルの通路を空けなくてはならない」と説明を受けた。段ボールベッドや仕切りなど、少しでもストレスを軽減して過ごす方法を学び、避難所生活の認識を新たにした。

 【写説】竹と毛布で作った担架で人を持ち上げる参加者たち=伊豆の国市の大仁北小

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)