陶芸家山口さん 初の絵画中心の個展―伊豆・ルソー

伊豆日日版 2017年09月03日

初めて絵画中心の作品展を開いた山口さん=伊豆市徳永のカフェ・ルソー
初めて絵画中心の作品展を開いた山口さん=伊豆市徳永のカフェ・ルソー

 ■半抽象作品や曼荼羅

 伊豆市上白岩に中伊豆陶房(中伊豆窯)を構える陶芸家山口広海さん(82)の絵画展が1日、徳永の「カフェ・ルソー森の美術室」で始まった。陶芸と一緒に絵画を展示したことはあるが、絵画中心の個展は初めてだという。24日まで。

 山口さんは東京生まれ。企業の研究室に勤務した後、35歳で脱サラし、父親が趣味で陶芸を楽しんでいた小屋を広げて中伊豆窯を構えた。

 絵は大学の時描き始めた。ペン画を手始めに、エッチングやリトグラフなどによる半抽象作品、パステルによる曼荼羅(まんだら)、水彩画とペン画を組み合わせた「鳥の絵シリーズ」を経て、最近は有機生命体の躍動的な絵を目指しているという。

 「発表したことがない絵も多いので、見てもらおうと思った」と開催した。大学時代から近作まで約40点を展示。山口さんは「並べて見ると表現の仕方が変わったと感じる一方、本質的な部分は変わっていないと思う」と語る。陶芸、書、篆刻(てんこく)も数点ずつ展示している。

 営業時間は午前11時~午後5時。水・木曜日定休。問い合わせは同店〈電0558(83)3445〉へ。

 【写説】初めて絵画中心の作品展を開いた山口さん=伊豆市徳永のカフェ・ルソー

各地の最新の写真
伊東
山頂から富士山望む 伊東・大室山、青空広がる
下田
敵将の帽子奪い合う 中学で運動会スタート―賀茂地区
中伊豆
台風一過で伊豆地区気温上昇 だるま山から富士山撮影
熱海
多様な模擬店人気 錦町町内会、会場変更し夕べ―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)