細胞内にDNAの塊 国立遺伝研 収納の観察、世界初成功―三島

伊豆日日版 2017年07月15日

 三島市谷田の国立遺伝学研究所の前島一博教授、野崎慎研究員らの共同グループは14日までに、生きた細胞内におけるDNAの収納の様子を観察することに世界で初めて成功し、米科学誌に発表した。DNAは不規則に折りたたまれ「クロマチンドメイン」と呼ばれる小さな塊を形作っていることが判明した。

 この結果、遺伝情報がどのように検索され、読み出されるかの理解がさらに進む。一方、DNAの折りたたみ異常により、がん化などをもたらすことが近年分かってきたことから、細胞異常や関連疾患への理解につながることが期待される。

 クロマチンドメインは細胞増殖、細胞分裂を通じて維持されることから遺伝情報の検索、読み出し、維持に重要な染色体ブロック(機能単位)として働くことが示唆されている。

 DNAは近年、不規則に核の中に収納されていることは分かってきたが「生きた細胞」でとらえた決定的な証拠はなかった。

各地の最新の写真
伊東
「メガソーラーがジオ再認定、妨げないか」 観光委で中田県議
下田
花の会稲取支部に県感謝状 道路利用者会議、環境美化に貢献
中伊豆
華麗な演舞で魅了 16周年で特別ショー―伊豆・百笑の湯
熱海
書、絵画、写真など14点 環境芸術祭に作家8人―熱海・起雲閣 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)